雑学の玉手箱

日常生活にとくに役には立たないけど、時折「なぜ?」と思う些細な疑問について調べたことの覚え書きです(^^)

制度

どこからが「島」と呼ばれる?3

11月20日頃に小笠原で海底火山が噴火し、新たな「島」ができているという報道がされています。




ニュースの映像を見ていると、地球が生きて活動していることを実感することができますね。

また、この噴火によってできたものが「島」として認められると、日本の領海がわずかですが広がるかもしれないと期待感を持ったコメントをした人もいましたね。

ところで、「島」とはどのようなものを指すのでしょうか。このニュースを見て気になったのでちょっと調べてみました。

          ・ ・ ・ ・ ・ ・

島については、「国連海洋法条約」第121条に以下のような規定があるそうです。

「自然に形成された陸地であって、水に囲まれ高潮時においても水面上にあるもの」

つまり、人工的に作ったのではなく、今回の海底噴火のような自然現象によって形成された陸地であること。また、海面が一番高い時期(一般に大潮の時の満潮がいちばん海水面が上昇しますね)でも、常に一部が海面上に出ていることが条件とされているようです。なお、水面に出ている面積に下限はないので、ともかく何かしらが海水面上に常に出ている状態なら「島」とすることができるようです。

なお、世界で最大の島はグリーンランド。グリーンランドより大きな陸地は「大陸」となるそうです。

なぜ「高額納税者番付」を毎年公表するの?4

毎年5月に、国税庁は納税額で一千万円を超える高額納税者を公表します。納税額だけで一千万円を超えるとなると、我々庶民には何だか想像がつかない感じです。

この「高額納税者番付」、多額の税金を納めた人々の貢献を示すものかなぁとも思ったのですが、実はこのような番付を公表するのには隠された理由があるのだそうです。何だと思いますか? ヒントはこの番付が公表された直後が国税庁がいちばん忙しい時期だというウワサがある、ということですが…。

         ・ ・ ・ ・

もったいぶらないで書くと、実はこの番付を掲載した直後には、それを見た人々から国税庁に、所得隠しや脱税などを密告した情報がたくさん集まるのだといいます。

高額所得を得ている人の中でも、芸能人やスポーツ選手などは、その活躍の程度が広く知られているため、案外その所得額は透明性が高いようです。そのため、このような人達が脱税の容疑をかけられることはあまりありません。
(ただし、個人事務所で脱税というのは最近もありましたね…)
一方で個人事業主や遺産相続などが絡んでいる場合は、外部からはなかなか不透明な部分も多いものです。

このような人達に対して、ライバル会社やリストラされた元役員、遺産相続争いに不満を持つ親族などが、詳細で説得力に富む密告をすることが多いとのこと。そして、彼らの密告が脱税や申告漏れの引き金になることも、決して少なくないのだそうです。ちょっと怖いですね。

ということで、「高額納税者番付」を公表する理由のひとつは、不正申告者を密告によってあぶり出す
という意図もあるらしい、というお話でした。
PR
ギャラリー
  • 石焼き芋はなぜおいしい?
  • 四つ葉のクローバーはなぜ出来る?
  • 投手と捕手のことをなぜ「バッテリー」と呼ぶ?
  • ラコステはなんでワニのマークになったのか?
  • 人工いくらを見分ける方法
  • 形状記憶シャツはなぜアイロン掛けがいらない?
  • 「磯の香り」の正体は何?
  • 「文化干し」って何が「文化」なの?
  • カルピスのパッケージはなぜ水玉模様?