雑学の玉手箱

日常生活にとくに役には立たないけど、時折「なぜ?」と思う些細な疑問について調べたことの覚え書きです(^^)

生活

石焼き芋はなぜおいしい?5

秋の味覚のひとつに焼き芋がありますね。毎年、楽しみにしている食べ物だったりします。

ところで、季節になると「いしや~きいも~」と焼き芋屋さんが近所にやってきたりしますね。最近は少し減ってしまったようにも思いますが、皆さんのところはまだ廻ってきますか?

ところで、焼き芋屋さんで買った焼き芋、ほくほくして甘くて、何でこんなにおいしいんだろうと思ったことはありませんか? 家では手軽に「レンジでチン」をするくらいだったのですが、明らかにおいしさが違いますよね。芋が違うのかな? とか、やっぱり石焼きの力なのかな?  なんていろいろと疑問でした。

しかし、実は焼き芋屋さんの 芋のおいしさは、やはりその焼き方に秘密があたようです。では、どのように焼けば焼き芋屋さんのような焼き芋が食べられるのでしょうか?


 0000000imo

焼き芋のもとになるサツマイモ、その主な成分はデンプンです。デンプンは多糖類という単糖の分子が複数結合した物質で、甘くありません。これが加熱されると酵素の働きで分子結合が分解されて、甘い麦芽糖(マルトース)に変化するのだそうです。

ところでこの酵素の働き、40度から60度の間で働き、60度で 最大となる一方、それより高温になると活動が止まってしまうのだそうです。つまり、サツマイモの甘さを最大限引き出すためには、低温でじっくり焼き上げることが必要なのです。そのため、焼き芋屋さんの「石焼き」という焼き方は、サツマイモの性質からしても理にかなっていると言えます。

反対に「レンジでチン」ではおいしくないのは、レンジは短時間で高温調理をするためで、マルトースへの変化がほとんど起こらないまま完成してしまうからなのです。 

ただ、工夫次第で電子レンジでもおいしく焼き芋を仕上げることもできます。サツマイモを濡れたキッチンペーパー・ 新聞紙に包み、最初ある程度加熱したあとは「解凍モード」など出力をおさえたモードで長めの加熱をすることによって、「石焼き」ほどではないにしてもかなりおいしく仕上げることができるのです。

せっかくの秋の味覚、今年もおいしく食べたいですね。

※家庭での焼き芋の調理方法についてはこちらもご覧ください。 

形状記憶シャツはなぜアイロン掛けがいらない?4

最近では一般化している「形状記憶シャツ」。皆さんも1着は持っていたりするのではないでしょうか。

かくいう私は、ワイシャツを着て仕事をしていたときは、すべて形状記憶シャツを使っており、アイロンを使うことは滅多にありませんでした。本当に便利なものができたものです。

この形状記憶シャツ、一般に形状記憶繊維や形態安定繊維と呼ばれる素材を使用しているのですが、なぜしわになりにくいのでしょうか?

04k

そもそも、綿製品がシワになる原因は、繊維の構造にあるそうです。

綿は、実は10万分の1ミリという細かな繊維の寄せ集まりであり、さらにそのミクロな繊維は、セルロース(繊維素)の分子配列が密な部分と荒い部分から成り立っているのだそうです。そして、洗濯や汗によって水分を含むと、セルロースの分子配列が荒い部分は膨張し、その配列が乱れてしまいます。そして、乱れたまま乾燥すると、そのひずみがシワとなって残ってしまうというのです。

そこで、ホルマリンなどのガスを使って、セルロース分子同士に橋を架けたような状態で結合させ、それ配列が乱れないようにしたのが形状記憶繊維なのだそうです。

形状記憶シャツの場合、縫製後にアイロンをかけた状態で化学処理を行うので、「シワのない状態」を記憶し続けるとのことです。

説明を読むだけではなかなかイメージしにくい部分もあるのですが、身近な形状記憶シャツに分子レベルの化学処理がなされているというのは、なかなかビックリですね。

「磯の香り」の正体は何?3

「磯の香り」というと、何だかいい響きですよね。海好きの人にとっては本当に安らぐ香りかもしれません。

でも、この「磯の香り」、発生源は何なのでしょうか?

58da1ac5


実は海辺で感じる磯の臭いとは、海中のプランクトンや海草などの有機物が死んだ後、それらが分解される過程で発生するものなのだそうです。

日本の海は、海流がきついため発生するプランクトンの量も多く、そのため外国の海よりもより磯の香りがきついのだそうです。

せっかくの磯の香りが実は「死臭」だったというとちょっとイメージが違ってしまったかもしれませんが、どうでしょうか?

ということで、いわゆる「磯の香り」とは、海草やプランクトンの死骸が分解される際に出る臭いだ、というお話でした。

日本にはなぜ自動販売機がたくさんある?2

街を歩いていると、ほんの数分歩くだけでも必ず目につくのがジュースなどの自動販売機。皆さんもよくお世話になることがあるかもしれません。

photo


なお、街中にここまで多くの自動販売機が設置されているのは日本だけだともいわれています。海外の場合、こんな販売機が人通りの少ないところにあったとしたら、あっという間に壊されて盗難に遭ってしまうそうです。林立する自動販売機は、日本の治安の良さのあらわれということができるかもしれません。

ところで、街中にはなぜそんなにたくさんの自動販売機が設置されているのでしょうか。

理由としては、先ほどの治安の良さの他、都市部の人口密度が高いため採算性が高い、技術力が高いためトラブルが少ないなどの理由も考えられます。

しかし、それらとともに大きな理由と考えられるものに、飲料メーカーが自社の商品を売ってもらうために販売機の無料貸し出しをする制度があるということがあると思われます。もちろん、個人で販売機を買って設置することも可能ですが、一台数十万円もする販売機を購入して商売をするにはリスクが大きいですね。

さらに、土地を借りて自動販売機を設置する事業を行っている会社もあります。その場合、地主は民家の場合売り上げの15パーセント、商店の場合は20パーセント程度が地主の取り分になるようです。

ということで、今回の話しはいろいろな理由が交錯し、分かりにくい話になってしまいましたね。失礼しました。
PR
ギャラリー
  • 石焼き芋はなぜおいしい?
  • 四つ葉のクローバーはなぜ出来る?
  • 投手と捕手のことをなぜ「バッテリー」と呼ぶ?
  • ラコステはなんでワニのマークになったのか?
  • 人工いくらを見分ける方法
  • 形状記憶シャツはなぜアイロン掛けがいらない?
  • 「磯の香り」の正体は何?
  • 「文化干し」って何が「文化」なの?
  • カルピスのパッケージはなぜ水玉模様?